第1章 サポート対象の変換パス

重要

Red Hat は、変換プロセスをスムーズに行えるようにするために、Red Hat コンサルティングサービス のサポートを利用することを推奨します。

実行中のシステムで自動変換プロセスが実行されます。Convert2RHEL ユーティリティーは、元の Linux ディストリビューションのすべての RPM パッケージを RHEL バージョンに置き換えます。プロセスの最後には、RHEL カーネルを起動するためにシステムを再起動する必要があります。

元のディストリビューションでのみ利用でき、RHEL リポジトリーに一致するものがないパッケージと、元の Linux ディストリビューションや RHEL からのサードパーティーパッケージは変換の影響を受けません。Red Hat は、変換プロセス中に変更されないサードパーティーパッケージのサポートはしていません。サードパーティーソフトウェアのサポートに関する Red Hat ポリシー を参照してください。

現在、システムを以下の Linux ディストリビューション、アーキテクチャー、およびバージョンから、表 1.1 に記載されている RHEL の対応するマイナーバージョンに変換できます。

表1.1 サポート対象の変換パス

ソース OSターゲット OSアーキテクチャー

CentOS Linux 8.4

RHEL 8.4

64 ビット Intel

CentOS Linux 7.9

RHEL 7.9

64 ビット Intel

Oracle Linux 8.4

RHEL 8.4

64 ビット Intel

Oracle Linux 7.9

RHEL 7.9

64 ビット Intel

重要

現在、CentOS Stream から RHEL への変換はできません。

Linux ディストリビューション変換に対する Red Hat のサポートポリシーの詳細は「Convert2RHEL サポートポリシー」を参照してください。