15.2. Web サーバー

15.2.1. Apache HTTP Server への主な変更点

RHEL 8 では、Apache HTTP Server が、RHEL 7 のバージョン 2.4.6 から、バージョン 2.4.37 に更新しました。この更新バージョンには新機能がいくつか含まれていますが、外部モジュールの設定および Application Binary Interface (ABI) のレベルでは、RHEL 7 バージョンとの後方互換性を維持します。

新機能は次のとおりです。

  • httpd モジュール含まれる mod_http2 パッケージにより、HTTP/2 に対応するようになりました。
  • systemd ソケットのアクティベーションが対応します。詳細は、man ページの httpd.socket(8) を参照してください。
  • 新しいモジュールが複数追加されています。

    • mod_proxy_hcheck - プロキシーのヘルスチェックモジュール
    • mod_proxy_uwsgi - Web Server Gateway Interface (WSGI) プロキシー
    • mod_proxy_fdpass - クライアントのソケットを別のプロセスに渡す
    • mod_cache_socache - HTTP キャッシュ (例: memcache バックエンドを使用)
    • mod_md - ACME プロトコルの SSL/TLS 証明書サービス
  • 以下のモジュールはデフォルトで読み込まれるようになりました。

    • mod_request
    • mod_macro
    • mod_watchdog
  • 新しいサブパッケージ httpd-filesystem が追加されています。これには、Apache HTTP Server の基本的なディレクトリーレイアウト (ディレクトリーの適切な権限を含む) が含まれます。
  • インスタンス化されたサービスのサポート httpd@.service が導入されました。詳細は、man ページの httpd.service を参照してください。
  • 新しい httpd-init.service%post script に置き換わり、自己署名の鍵ペア mod_ssl を作成します。
  • (Let’s Encrypt などの証明書プロバイダーで使用するため) 自動証明書管理環境 (ACME) プロトコルを使用した、TLS 証明書の自動プロビジョニングおよび更新に、mod_md パッケージで対応するようになりました。
  • Apache HTTP Server が、PKCS#11 モジュールを利用して、ハードウェアのセキュリティートークンから、TLS 証明書および秘密鍵を直接読み込むようになりました。これにより、mod_ssl 設定で、PKCS#11 URL を使用して、SSLCertificateKeyFile ディレクティブおよび SSLCertificateFile ディレクティブに、TLS 秘密鍵と、必要に応じて TLS 証明書をそれぞれ指定できるようになりました。
  • /etc/httpd/conf/httpd.conf ファイルの新しい ListenFree ディレクティブに対応するようになりました。

    Listen ディレクティブと同様、ListenFree は、サーバーがリッスンする IP アドレス、ポート、または IP アドレスとポートの組み合わせに関する情報を提供します。ただし、ListenFree を使用すると、IP_FREEBIND ソケットオプションがデフォルトで有効になります。したがって、httpd は、ローカルではない IP アドレス、または今はまだ存在していない IP アドレスにバインドすることもできます。これにより、httpd がソケットをリッスンできるようになり、httpd がバインドしようとするときに、基になるネットワークインターフェースまたは指定した動的 IP アドレスを起動する必要がなくなります。

    ListenFree ディレクティブは、現在 RHEL 8 でのみ利用できます。

    ListenFree の詳細は、以下の表を参照してください。

    表15.1 ListenFree ディレクティブの構文、状態、およびモジュール

    構文状態モジュール

    ListenFree [IP-address:]portnumber [protocol]

    MPM

    event、worker、prefork、mpm_winnt、mpm_netware、mpmt_os2

その他の主な変更点は次の通りです。

  • 以下のモジュールが削除されました。

  • RHEL 8 の Apache HTTP Server が使用するデフォルトの DBM 認証データベースのデフォルトタイプが、SDBM から db5 に変更になりました。
  • Apache HTTP Servermod_wsgi モジュールが Python 3 に更新されました。WSGI アプリケーションは Python 3 でしか対応していないため、Python 2 から移行する必要があります。
  • Apache HTTP Server を使用してデフォルトで設定されたマルチプロセッシングモジュール (MPM) は、マルチプロセスのフォークモデル (prefork として知られています) から、高パフォーマンスのマルチスレッドモデル event に変更しました。

    スレッドセーフではないサードパーティーのモジュールは、交換または削除する必要があります。設定した MPM を変更するには、/etc/httpd/conf.modules.d/00-mpm.conf ファイルを編集します。詳細は、man ページの httpd.service(8) を参照してください。

  • suEXEC によりユーザーに許可される最小 UID および GID はそれぞれ 1000 および 500 です (以前は 100 および 100 でした)。
  • /etc/sysconfig/httpd ファイルは、httpd サービスへの環境変数の設定に対応するインターフェースではなくなりました。systemd サービスに、httpd.service(8) の man ページが追加されています。
  • httpd サービスを停止すると、デフォルトで「自動停止」が使用されます。
  • mod_auth_kerb モジュールが、mod_auth_gssapi モジュールに置き換わりました。

デプロイ方法は「Apache HTTP Web サーバーの設定」を参照してください。

15.2.2. nginx Web サーバーが RHEL に新登場

RHEL 8 で、HTTP などのプロトコルに対応する Web サーバーおよびプロキシサーバーである nginx 1.14 が導入されました。これは、実行性およびパフォーマンスの高さ、ならびにメモリー使用量の低さに重点を置いています。nginx は、以前は、Software Collection からしか入手できませんでした。

nginx の Web サーバーは、PKCS#11 モジュールを利用してハードウェアセキュリティートークンから直接 TLS 秘密鍵を読み込むようになりました。これにより、nginx 設定で、PKCS#11 の URL を使用して TLS 秘密鍵を ssl_certificate_key ディレクティブに指定できるようになりました。

15.2.3. Apache Tomcat が削除される

Apache Tomcat サーバーが、Red Hat Enterprise Linux から削除されています。Apache Tomcat は、Java Servlet 技術および JavaServer Pages (JSP) 技術における servlet コンテナーです。Red Hat では、servlet コンテナーが必要な場合は、JBoss Web Server を使用することが推奨されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。