Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第19章 仮想化

19.1. Web コンソールを使用して仮想マシンが管理可能に

RHEL 8 Web コンソールインターフェースに、Virtual Machines ページを追加できるようになりました。これにより、libvirt ベースの仮想マシンを作成および管理できるようになりました。

また、Virtual Machine Manager (virt-manager) アプリケーションが非推奨になり、将来バージョンの RHEL ではサポートされなくなる可能性があります。

Web コンソールは、virt-manager が提供する仮想管理機能をすべて提供しているわけではないことに注意してください。RHEL 8 Web コンソールと Virtual Machine Manager の利用可能な機能の相違点の詳細は、「RHEL 8 Web コンソールで仮想マシンの管理」を参照してください。

19.2. 仮想システムで Q35 マシンタイプに対応

Red hat Enterprise Linux 8 は、より現代的な PCI Express ベースのマシンタイプである Q35 に対応するようになりました。これにより、仮想デバイスの機能とパフォーマンスに様々な改善が行われ、最新の広範囲なデバイスで仮想システムへの互換性が保証されます。また、Red Hat Enterprise Linux 8 で作成された仮想マシンは、デフォルトで Q35 を使用するように設定されています。

以前のデフォルトの PC マシンタイプは非推奨になっており、将来バージョンの RHEL では対応されなくなる可能性があります。既存の仮想マシンのマシンタイプを PC から Q35 へ変更することは推奨されていません。

PCQ35 の主な相違点は以下のようになります。

  • Windows XP などの古いオペレーティングシステムでは Q35 に対応せず、Q35 の仮想マシンで使用すると起動しません。
  • 現在、Q35 仮想マシンで RHEL 6 をオペレーティングシステムとして使用すると、状況によっては、その仮想マシンにホットプラグした PCI デバイスが動作しません。さらに、一部のレガシーの virtio デバイスは、RHEL 6 の Q35 仮想マシンでは適切に動作しません。

    したがって、RHEL 6 仮想マシンには、マシンタイプ PC が使用されます。

  • Q35 は、PCI の代わりに PCI Express (PCI-e) バスをエミュレートします。その結果、異なるデバイストポロジーとアドレス指定方式が、ゲスト OS に提示されます。
  • Q35 には、IDE コントローラーの代わりに、組み込み SATA/AHCI コントローラーがあります。
  • SecureBoot 機能は、Q35 仮想マシンでのみ有効です。

19.3. 削除された仮想機能

cpu64-rhel6 CPU モデルが非推奨になり削除される

RHEL 8.1 では、cpu64-rhel6 QEMU 仮想 CPU モデルが非推奨になり、RHEL 8.2 から削除されました。ホストマシンにある CPU に応じて、QEMU および libvirt が提供する他の CPU モデルを使用することが推奨されます。

IVSHMEM が無効になる

複数の仮想マシンに共有メモリーを提供する仮想マシン間の共有メモリーデバイス (IVSHMEM) 機能は、Red Hat Enterprise Linux 8 で無効になりました。このデバイスで設定した仮想マシンは起動できません。同様に、そのようなデバイスにおけるホットプラグの試行も失敗します。

virt-install が NFS の場所を使用できなくなる

この更新により、virt-install ユーティリティーは、NFS の場所をマウントできなくなりました。したがって、NFS アドレスを持つ virt-install を使用する仮想マシンを、--location オプションの値としてインストールしようとすると失敗します。この変更を回避するには、virt-install を使用する前に NFS 共有をマウントするか、HTTP の場所を使用します。

RHEL 8 では tulip ドライバーに対応しない

この更新で、tulip ネットワークドライバーへの対応は終了しました。したがって、Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーの Generation 1 仮想マシンで RHEL 8 を使用すると、「Legacy Network Adapter」デバイスが動作しないため、仮想マシンの PXE インストールに失敗します。

PXE インストールを起動するには、Generation 2 Hyper-V 仮想マシンに RHEL 8 をインストールします。RHEL 8 Generation 1 仮想マシンが必要な場合は ISO インストールを使用します。

LSI Logic SAS ドライバーおよび Parallel SCSI ドライバーはサポート対象外に

SCSI 用の LSI Logic SAS ドライバー (mptsas) および LSI Logic Parallel ドライバー (mptspi) はサポートされなくなりました。したがって、このドライバーは、VMWare ハイパーバイザーで RHEL 8 をゲストのオペレーティングシステムとして SCSI ディスクにインストールするために使用できますが、Red Hat は、作成した仮想マシンをサポートしません。

virtio-win をインストールすると、Windows ドライバーを含むフロッピーのディスクイメージが作成されなくなる

フロッピードライブの制限により、virtio-win ドライバーはフロッピーイメージとして提供されなくなりました。代わりに ISO イメージを使用する必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。