Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

12.2.9. DM Multipath のマージナルパスの検出が改善

multipathd サービスでは、マージナルパスの検出が改善しました。これにより、マルチパスデバイスが、繰り返し失敗する可能性があるパスを回避して、パフォーマンスを向上します。マージナルパスは、永続的で断続的な I/O エラーがあるパスです。

マージナルパスの動作は、/etc/multipath.conf ファイルの以下のオプションで制御します。

  • marginal_path_double_failed_time
  • marginal_path_err_sample_time
  • marginal_path_err_rate_threshold
  • marginal_path_err_recheck_gap_time

以下の場合、DM Multipath はパスを無効にし、サンプル期間中に繰り返し I/O でテストします。

  • multipath.conf オプションが設定されている
  • 設定した期間内にパスが 2 回失敗する
  • その他のパスが利用できる

このテスト時に、パスのエラー率が、設定されたエラー率よりも大きいと、設定したギャップ時間中 DM Multipath がパスを無視し、それが復旧できるぐらいに適切に機能しているかどうかを再確認します。

詳細は、man ページの multipath.conf を参照してください。