9.5. RHEL 8 における TCP の新機能

Red Hat Enterprise Linux 8 には、TCP ネットワーキングスタックバージョン 4.18 が同梱され、より高いパフォーマンスおよび安定性と、より優れたスケーラビリティーが提供されます。特に、入力接続率が高い、ビジー状態の TCP サーバーのパフォーマンスが向上します。

また、2 つの新しい TCP 輻輳制御アルゴリズム (BBR および NV) が利用でき、ほとんどのシナリオで、キュービックよりもレイテンシーが短く、スループットも良くなります。

9.5.1. RHEL 8 における TCP BBR への対応

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 では、新しい TCP 輻輳制御アルゴリズムである BBR (Bottleneck Bandwidth and Round-trip time) に対応するようになりました。BBR は、ボトルネックリンクおよびラウンドトリップ時間 (RTT) の帯域幅を決定します。ほとんどの輻輳アルゴリズムは、パケットロス (デフォルトの Linux TCP 輻輳制御アルゴリズムである CUBIC を含む) に基づいており、高スループットのリンクの問題をかかえています。BBR は、損失イベントに直接反応せず、利用可能な帯域幅をそれと一致させて、TCP ペーシングレートを調整します。TCP BBR を使用する場合は、関係するすべてのインターフェースの fq キュー設定に切り替える必要があります。

ユーザーが明示的に fq を使用し、fq_codel は使用しないことに注意してください。

詳細は、man ページの tc-fq を参照してください。