9.8. tc コマンドの -ok オプションが削除される

tc コマンドの -ok オプションが、Red Hat Enterprise Linux 8 から削除されました。回避策として、カーネルを使用した netlink から直接通信するコードを実装できます。受け取った応答メッセージは、送信した要求の完了およびステータスを示します。時間がそれほど重要ではないアプリケーションに対する別の方法は、各コマンドに対して個別に tc を呼び出すことです。これは、カスタムスクリプトで発生する可能性があります。これは、成功したそれぞれの tc 起動に対して OK を出力することで、tc -batch 動作をシミュレートします。