Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

12.2.12. DIF/DIX (Data Integrity Field/Data Integrity Extension) への対応

DIF/DIX は SCSI 規格への追加分です。対応していると明記されている場合を除き、引き続き HBA およびストレージアレイに対するテクノロジープレビューとなります。

DIF/DIX により DIF (Data Integrity Field) が追加され、一般的に使用される 512 バイトのディスクブロックのサイズが 520 バイトに増えます。DIF は、書き込みの発生時に HBA (Host Bus Adapter) により算出されるデータブロックのチェックサム値を保存します。その後、受信時にストレージデバイスがチェックサムを確認し、データとチェックサムの両方を保存します。読み取りが発生すると、チェックサムが、ストレージデバイス、および受信する HBA により検証されます。