Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.5.6. SSSD で、複数のスマートカード認証デバイスの中から 1 つを選択可能

デフォルトでは、SSSD (System Security Services Daemon) が、スマートカード認証用デバイスを自動的に検出しようとします。複数のデバイスを接続している場合は、最初に見つかったデバイスを SSSD が選択します。したがって、特定のデバイスを選択することはできません。失敗する可能性もあります。

この更新では、sssd.conf 設定ファイルの [pam] セクションに、新しい p11_uri オプションを設定できるようになりました。このオプションを使用すると、スマートカード認証に使用するデバイスを定義できます。

たとえば、OpenSC PKCS#11 モジュールにより検出されたスロット ID 2 のリーダーを選択するには、以下を追加します。

p11_uri = library-description=OpenSC%20smartcard%20framework;slot-id=2

sssd.conf[pam] セクションに追加します。

詳細は、man sssd.conf ページを参照してください。