第14章 シェルおよびコマンドラインツール

14.1. ローカライゼーションが複数のパッケージで配布

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 では、1 つの glibc-common パッケージでロケールと翻訳が提供されなくなり、すべてのロケールと言語が glibc-langpack-CODE パッケージで利用できるようになりました。さらに、デフォルトではすべてのロケールではなく、インストーラーで選択した言語だけがインストールされます。その他の言語は、ロケールパッケージを個別にインストールする必要があります。

システムにインストールされているすべてのパッケージに対する翻訳、ディクショナリー、およびロケールを含む追加のアドオンパッケージをインストールするメタパッケージは、langpacks と呼ばれます。

詳細は「言語パックのインストールおよび使用」を参照してください。

14.2. ユーザー名およびグループ名がすべて数字の場合はサポート対象外

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 の useradd コマンドおよび groupadd コマンドでは、数値だけのユーザー名とグループ名を使用することができません。ユーザー ID およびグループ ID は数値となるため、数値だけのユーザー名およびグループ名を使用すると、ユーザー名とユーザー ID、またはグループ名とグループ ID を組み合わせて使用するツールで、混乱が生まれるためです。

詳細は「コマンドラインツールを使用したユーザーの管理」を参照してください。

14.3. nobody ユーザーが nfsnobody に置き換え

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7 では、nobody ユーザーとグループのペアの ID は 99 でした。nfsnobody ユーザーとグループのペアの ID は 65534 で、デフォルトのカーネルオーバーフロー ID になります。

これはいずれも、RHEL 8 では、nobody ユーザーおよびグループのペア (ID 65534) に統合されます。RHEL 8 では、nfsnobody ペアは作成されなくなりました。

この変更により、nobody が所有し、NFS とは無関係のファイルに関する混乱が軽減されます。

14.4. バージョン制御システム

RHEL 8 は、次のバージョン管理システムを提供します。

  • Git 2.18 は、分散アーキテクチャーを持つ分散型リビジョン管理システムです。
  • Mercurial 4.8 は、大規模プロジェクトを効率的に処理するために設計された、軽量の分散バージョン管理システムです。
  • Subversion 1.10 (集中型バージョン制御システム)

RHEL 7 で利用できた Concurrent Versions System (CVS) および Revision Control System (RCS) は、RHEL 8 では配布されていません。

14.4.1. Subversion 1.10 への主な変更点

Subversion 1.10 には、RHEL 7 で配布されたバージョン 1.7 以降に追加された新機能と、次の互換性の変更が含まれています。

  • 言語バインディングに対応するために使用される Subversion ライブラリーにおける非互換性のため、Subversion 1.10Python 3 バインディングは利用できません。その結果、 Subversion Python バインディングを必要とするアプリケーションには対応していません。
  • Berkeley DB に基づくリポジトリーには対応しなくなりました。移行する前に、svnadmin dump コマンドを使用して、Subversion 1.7 で作成したリポジトリーをバックアップします。RHEL 8 をインストールした後、svnadmin load コマンドを使用してリポジトリーを復元します。
  • RHEL 7 の Subversion 1.7 クライアントがチェックアウトした既存の作業コピーは、Subversion 1.10 から使用する前に新しい形式にアップグレードする必要があります。RHEL 8 をインストールしたら、各作業コピーで svn upgrade コマンドを実行します。
  • https:// を使用してリポジトリーにアクセスするスマートカード認証はサポートされなくなりました。