第14章 シェルおよびコマンドラインツール

14.1. ローカライゼーションが複数のパッケージで配布

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 では、1 つの glibc-common パッケージでロケールと翻訳が提供されなくなりました。代わりに、すべてのロケールと言語が glibc-langpack-CODE パッケージで利用できるようになりました。また、デフォルトですべてのロケールがインストールされず、インストーラーで選択した言語だけがインストールされます。その他の言語は、必要に応じてロケールパッケージを個別にインストールする必要があります。

システムにインストールされているすべてのパッケージに対する翻訳、ディクショナリー、およびロケールを含む追加のアドオンパッケージをインストールするメタパッケージは、langpacks と呼ばれます。

詳細は「言語パックのインストールおよび使用」を参照してください。