13.5. Red Hat High Availability のアクティブ/アクティブクラスターにおける共有 LVM ボリューム

Red Hat Enterprise Linux 8 では、LVM は、clvmd の代わりに LVM ロックデーモン lvmlockd を使用して、アクティブ/アクティブクラスターで共有ストレージデバイスを管理します。これにより、GFS2 ファイルシステムを共有論理ボリュームとしてマウントできる論理ボリュームを設定する必要があります。また、これにより、LVM が有効な リソースエージェントを使用して LVM ボリュームを管理し、lvmlockd リソースエージェントを使用して lvmlockd を管理する必要があります。共有論理ボリュームを使用して GFS2 ファイルシステムを含む RHEL 8 Pacemaker クラスターを設定する全手順は、「クラスターでの GFS2 ファイルシステムの設定」を参照してください。