15.3. プロキシーキャッシュサーバー

15.3.1. Varnish Cache が RHEL に新登場

高パフォーマンスの HTTP 逆ポリシーである Varnish Cache が、RHEL で初めて提供されました。以前は、Software Collection からしか入手できませんでした。Varnish Cache は、将来の同等の要求で応答時間およびネットワークの帯域幅を削減するのに使用されるメモリーに、ファイルまたはファイルの断片を保存します。RHEL 8.0 は、Varnish Cache 6.0 で配布されています。

15.3.2. Squid への主な変更点

RHEL 8.0 は、Web クライアント、対応する FTP、Gopher、および HTTP のデータオブジェクト用の高パフォーマンスのプロキシーキャッシュサーバーである Squid 4.4 で配布します。このリリースは、RHEL 7 で利用可能なバージョン 3.5 に新しい機能、機能強化、バグ修正を多数提供します。

以下は、主な変更点です。

  • ヘルパーのキューサイズが変更可能
  • ヘルパー同時実行チャンネルへの変更
  • ヘルパーバイナリーへの変更
  • Internet Content Adaptation Protocol (ICAP) の保護
  • 対称型マルチプロセッシング (SMP) への対応が改善
  • プロセス管理が改善
  • SSL への対応が削除
  • Edge Side Includes (ESI) カスタムパーサーが削除
  • 複数の設定変更