10.3. パフォーマンス分析と可観測性ツール

10.3.1. カーネルに bpftool が追加される

eBPF (extended Berkeley Packet Filtering) に基づくプログラムとマップを利用した、調査と簡単な操作に役立つ bpftool ユーティリティーが Linux カーネルに追加されました。bpftool はカーネルソースツリーの一部で、bpftool パッケージにより提供されます。これは、kernel パッケージのサブパッケージとして同梱されます。

10.3.2. eBPF がテクノロジープレビューとして利用可能に

eBPF (extended Berkeley Packet Filtering) 機能は、テクノロジープレビューとして、ネットワーキングおよび追跡の両方に利用できます。eBPF を使用すると、ユーザー空間でカスタムプログラムをさまざまなポイント (ソケット、トレースポイント、パケット受信) に接続し、データを受信して処理できます。この機能には、新しいシステムコール bpf() が含まれます。これは、様々な種類のマップの作成と、様々な種類のプログラムの更新に対応します。bpf() は、root など、CAP_SYS_ADMIN が付与されているユーザーのみが利用できます。詳細は、man ページの bpf(2) を参照してください。

10.3.3. BCC がテクノロジープレビューとして利用可能に

BPF コンパイラーコレクション (BCC) は、Red Hat Enterprise Linux 8 でテクノロジープレビューとして利用できる、効率的なカーネルの追跡および操作プログラムを作成するユーザー空間ツールパッケージです。BCC は、eBPF (extended Berkeley Packet Filtering) を使用して、Linux オペレーティングシステムの I/O 解析、ネットワーキング、およびモニタリング用のツールを提供します。