8.4. OpenSCAP

8.4.1. OpenSCAP API が統合

この更新により、統合された OpenSCAP 共有ライブラリー API を提供します。63 個のシンボルが削除され、14 個が追加され、4 個で署名が更新されました。OpenSCAP 1.3.0 で削除されたシンボルには以下が含まれます。

  • バージョン 1.2.0 で非推奨とされたシンボル
  • SEAP プロトコルシンボル
  • 内部ヘルパー関数
  • 未使用のライブラリーシンボル
  • 未実装シンボル

8.4.2. コンテナーのセキュリティーおよびコンプライアンススキャンを行うユーティリティーが利用できない

Red Hat Enterprise Linux 7 では、Atomic テクノロジーに基づいた Docker コンテナーのスキャンに、oscap-docker ユーティリティーを使用できました。Red Hat Enterprise Linux 8 では、Docker 関連、および Atomic 関連の OpenSCAP コマンドが利用できません。そのため、RHEL 8 では、コンテナーのセキュリティーおよびコンプライアンススキャンに、oscap-docker または同等のユーティリティーを使用できません。