第9章 ネットワーク

9.1. NetworkManager

9.1.1. 従来のネットワークスクリプトのサポート

Red Hat Enterprise Linux 8 では、ネットワークスクリプトが非推奨となっており、デフォルトでは提供されなくなりました。基本インストールでは、nmcli ツールを介して NetworkManager を呼び出す ifup スクリプトおよび ifdown スクリプトの新しいバージョンが提供されます。Red Hat Enterprise Linux 8 で ifup スクリプトおよび ifdown スクリプトを実行する場合は、NetworkManager が起動している必要があります。

注記

/sbin/ifup-local スクリプト、ifdown-pre-local スクリプト、およびifdown-local スクリプトのカスタムコマンドは実行されません。

このスクリプトが必要な場合は、次のコマンドを使用すれば、システムに非推奨のネットワークスクリプトをインストールできます。

~]# yum install network-scripts

ifup スクリプトおよび ifdown スクリプトが、インストールされた従来のネットワークスクリプトにリンクします。

従来のネットワークスクリプトを呼び出すと、そのスクリプトが非推奨であることを示す警告が表示されます。

9.1.2. NetworkManager が SR-IOV 仮想機能に対応

Red Hat Enterprise Linux 8 では、NetworkManager で、SR-IOV (Single Root I/O virtualization) に対応するインターフェースに仮想ファンクション (VF) の数を設定できます。また、NetworkManager では、MAC アドレス、VLAN、spoof checking 設定、許可されるビットレートなど、仮想関数の属性の一部を設定できます。SR-IOV に関連するプロパティーはすべて、sriov 接続の設定で利用できます。詳細は、man ページの nm-settings(5) を参照してください。

9.1.3. NetworkManager が、接続に対するワイルドカードインターフェースの名前一致に対応

以前は、インターフェース名の完全一致のみを使用して、特定のインターフェースへの接続を制限していました。今回の更新で、接続には、ワイルドカードに対応する新しい match.interface-name プロパティーが含まれるようになりました。この更新により、ワイルドカードパターンを使用した柔軟な方法で、接続用インターフェースを選択できるようになります。

9.1.4. NetworkManager が、ethtool オフロード機能の設定に対応

この機能強化により、NetworkManager は、ethtool オフロード機能の設定に対応するため、init スクリプトまたは NetworkManager ディスパッチャースクリプトを使用しなくなりました。その結果、以下のいずれかの方法を使用して、接続プロファイルの一部としてオフロード機能を設定できるようになりました。

  • nmcli ユーティリティーを使用
  • /etc/NetworkManager/system-connections/ ディレクトリーの鍵ファイルを編集
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* ファイルを編集

この機能は、現在、グラフィカルインターフェースと nmtui ユーティリティーでは対応していないことに注意してください。

9.1.5. NetworkManager が、デフォルトで内部 DHCP プラグインを使用するようになる

NetworkManager は、DHCP プラグインの internal および dhclient に対応します。デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7 の NetworkManagerdhclient を使用し、RHEL 8 では 内部 プラグインを使用します。特定の状況では、プラグインの動作が異なります。たとえば、dhclient は、/etc/dhcp/ ディレクトリーで指定されている追加設定を使用できます。

RHEL 7 から RHEL 8 にアップグレードした際に NetworkManager の動作が異なる場合は、dhclient プラグインを使用するために、/etc/NetworkManager/NetworkManager.conf ファイルの [main] セクションに、以下の設定を追加します。

[main]
dhcp=dhclient

9.1.6. RHEL 8 では、NetworkManager-config-server パッケージがデフォルトでインストールされない

NetworkManager-config-server パッケージは、セットアップ中にベース環境の Server または Server with GUI のいずれかを選択した場合に限り、デフォルトでインストールされます。別の環境を選択した場合は、yum install NetworkManager-config-server コマンドを使用してパッケージをインストールします。