Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.4.2. MySQL 8.0 への主な変更点

RHEL 8 に同梱される MySQL 8.0 には、たとえば次のような機能強化が含まれます。

  • MySQL に、データベースオブジェクトに関する情報を格納するトランザクショナルデータディクショナリーが組み込まれました。
  • MySQL がロールに対応するようになりました。ロールは特権の集まりです。
  • デフォルトの文字セットが、latin1 から utf8mb4 に変更しました。
  • 非再帰的および再帰的な Common Table Expression に対応するようになりました。
  • MySQL が、クエリーで関連する行の集合に対して、行ごとに計算を実行する window 関数に対応するようになりました。
  • locking readステートメントにより、InnoDB で、NOWAIT オプションおよび SKIP LOCKED オプションに対応するようになりました。
  • GIS 関連の関数が改善しました。
  • JSON 関数が強化されました。
  • 新しい mariadb-connector-c パッケージは、MySQLMariaDB に共通のクライアントライブラリーを提供します。このライブラリーは、データベースサーバーの MySQL および MariaDB の全バージョンで使用できます。その結果、RHEL 8 に同梱される MySQL サーバーおよび MariaDB サーバーのいずれかに構築されるアプリケーションの 1 つに接続できます。

さらに、RHEL 8 に同梱されている MySQL 8.0 サーバーでは、デフォルトの認証プラグインに mysql_native_password を使用するように設定されています。RHEL 8 のクライアントツールおよびライブラリーは、アップストリームの MySQL 8.0 バージョンでデフォルトで使用されている caching_sha2_password メソッドと互換性がないためです。

デフォルトの認証プラグインを caching_sha2_password に変更するには、/etc/my.cnf.d/mysql-default-authentication-plugin.cnf ファイルを次のように変更します。

[mysqld]
default_authentication_plugin=caching_sha2_password