10.2. メモリーの管理

10.2.1. 64 ビット ARM に 52 ビット PA が利用可能

今回の更新で、64 ビット ARM アーキテクチャー用の 52 ビット物理アドレッシング (PA) に対応するようになりました。これにより、以前の 48 ビットの PA よりも大きな物理アドレス空間が提供されます。

10.2.2. 5 レベルのページテーブル x86_64

Red Hat Enterprise Linux 7 での既存のメモリーバスには、48/46 ビットの仮想または物理のメモリーアドレス機能があり、Linux カーネルが、4 つのレベルのページテーブルを実装して、物理アドレスへの仮想アドレスを管理します。物理バスのアドレス線は、物理メモリーの容量の上限を 64 TB に制限します。

この制限は、57/52 ビットの仮想および物理のメモリーアドレスにより、128 PiB の仮想アドレス空間 (64PB ユーザー/64PB カーネル) と、4 PB の物理メモリーの容量まで拡張されました。

拡張アドレス範囲を使用して、Red Hat Enterprise Linux 8 のメモリー管理では、5 レベルのページテーブルの実装への対応が追加され、拡張アドレス範囲を処理します。デフォルトでは、RHEL8 は、この機能に対応するシステムでも、5 レベルのページテーブルの対応を無効にします。これにより、仮想または物理のアドレス領域の拡張が必要ない場合に 5 レベルのページテーブルを使用すると、パフォーマンスが低下する可能性があります。起動引数は、この機能に対応するハードウェアを搭載するシステムがそれを使用できるようにします。