13.2. マスターリソースから、昇格可能なクローンリソースに名前が変更

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 は Pacemaker 2.0 に対応しています。ここでは、マスター/スレーブのリソースが、別の種類のリソースではなくなり、promotable メタ属性が true に設定されている標準のクローンリソースになりました。今回の更新に対応するために、以下の変更が行われました。

  • pcs コマンドでマスターリソースを作成することができなくなりました。代わりに、昇格可能な クローンリソースを作成できます。関連キーワードおよびコマンドが、master から promotable に変わりました。
  • 既存のすべてのマスターリソースが昇格可能なクローンリソースとして表示されます。
  • RHEL7 クラスターでは昇格可能なクローンに対応しないため、Web UI で RHEL7 クラスターを管理する場合は、マスターリソースが引き続きマスターと呼ばれます。