Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.5.5. SSSD によりローカルユーザーがキャッシュに格納され、nss_sss モジュールにより処理される

RHEL 8 の System Security Services Daemon (SSSD) は、デフォルトで /etc/passwd ファイルおよび /etc/groups ファイルから、ユーザーとグループにサービスを提供します。sss の nsswitch モジュールは、/etc/nsswitch.conf のファイルに先行します。

SSSD を通して、ローカルユーザーにサービスを提供する利点は、nss_sss モジュールに memory-mapped cache があるため、NSS (Name Service Switch) への各要求でディスクにアクセスしてファイルを開くのと比較して、Name Service Switch (NSS) ルックアップが高速になることでした。これまで、ディスクへのアクセスの高速化は、Name サービスキャッシュデーモン (nscd) により行われていました。ただし、SSSD と nscd の両方が独自の独立したキャッシュを使用するため、nscd と SSSD を並行して使用するのは容易ではありません。そのため、SSSD が、リモートドメイン (LDAP、Active Directory など) のユーザーにもサービスを提供している環境で nscd を使用すると、予期しない動作が発生する可能性があります。

今回の更新で、RHEL 8 でローカルユーザーおよびグループの解決が速くなりました。root ユーザーは、SSSD に処理されることがないため、SSSD の潜在的なバグが root の解決に影響を及ぼすことはありません。また、SSSD が実行していない場合は、問題を回避するために、nss_sss モジュールが nss_files にフォールバックすることでこの状況が適切に処理されます。SSSD を設定する必要はありません。files ドメインは自動的に追加されます。