5.7. キックスタートの変更

以下のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 8 におけるキックスタートコマンドおよびオプションの変更を説明します。

5.7.1. RHEL 8 で auth または authconfig が非推奨に

authconfig ツールおよびパッケージが削除されたため、Red Hat Enterprise Linux 8 では、キックスタートコマンドの auth または authconfig が非推奨になっています。

コマンドラインで実行した authconfig コマンドと同様、キックスタートスクリプトの authconfig コマンドが authselect-compat ツールを使用して、新しい authselect ツールを実行するようになりました。この互換性層や、その既知の問題の説明は、man ページの authselect-migration(7) を参照してください。このインストールプログラムは、非推奨のコマンドの使用を自動的に検出し、互換性層を提供する authselect-compat パッケージをインストールします。

5.7.2. キックスタートで Btrfs がサポート対象外に

Red Hat Enterprise Linux 8 は、Btrfs ファイルシステムに対応していません。そのため、グラフィカルユーザーインターフェース (GUI) およびキックスタートコマンドが Btrfs に対応しなくなりました。

5.7.3. 以前の RHEL リリースのキックスタートファイルの使用

以前の RHEL リリースのキックスタートファイルを使用する場合は、Red Hat Enterprise Linux 8 BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーの詳細について、「RHEL 8 の導入における検討事項」「リポジトリー」セクションを参照してください。

5.7.4. キックスタートの非推奨のコマンドおよびオプション

次のキックスタートのコマンドとオプションが、Red Hat Enterprise Linux 8 で非推奨になりました。キックスタートファイル内で使用すると、ログに警告が出力されます。

  • auth または authconfig (代わりに authselect を使用)
  • device
  • deviceprobe
  • dmraid
  • install (サブコマンドまたはメソッドをコマンドとして直接使用)
  • lilo
  • lilocheck
  • mouse
  • multipath
  • bootloader --upgrade
  • ignoredisk --interactive
  • partition --active
  • reboot --kexec

特定のオプションだけが表示されている場合、基本コマンドおよびその他のオプションは引き続き利用でき、非推奨ではありません。

inst.ksstrict 起動オプションを使用して、非推奨のコマンド警告をエラーにすることもできます。

5.7.5. 削除されたキックスタートのコマンドおよびオプション

次のキックスタートのコマンドとオプションが、Red Hat Enterprise Linux 8 から完全に削除されました。キックスタートファイルでこれを使用すると、エラーが発生します。

  • upgrade (このコマンドはすでに非推奨になっています)
  • btrfs
  • part/partition btrfs
  • part --fstype btrfs または partition --fstype btrfs
  • logvol --fstype btrfs
  • raid --fstype btrfs
  • unsupported_hardware

特定のオプションおよび値だけが表示されている場合は、基本コマンドおよびその他のオプションは引き続き利用でき、削除されません。

5.7.6. キックスタートの新しいコマンドおよびオプション

次のコマンドとオプションが、Red Hat Enterprise Linux 8 で追加されました。

RHEL 8.0

  • authselect
  • module