第21章 国際化

21.1. RHEL 8 の国際言語

Red Hat Enterprise Linux 8 は、複数の言語のインストールと、要件に応じた言語の変更に対応します。

  • 東アジア言語 - 日本語、韓国語、簡体字中国語、および繁体字中国語。
  • ヨーロッパ言語 - 英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、およびロシア語。

次の表は、さまざまな主要言語に提供されるフォントと入力方法を示しています。

言語デフォルトフォント (フォントパッケージ)入力メソッド

英語

dejavu-sans-fonts

 

フランス語

dejavu-sans-fonts

 

ドイツ語

dejavu-sans-fonts

 

イタリア語

dejavu-sans-fonts

 

ロシア語

dejavu-sans-fonts

 

スペイン語

dejavu-sans-fonts

 

ポルトガル語

dejavu-sans-fonts

 

簡体字中国語

google-noto-sans-cjk-ttc-fonts、google-noto-serif-cjk-ttc-fonts

ibus-libpinyin、libpinyin

繁体字中国語

google-noto-sans-cjk-ttc-fonts、google-noto-serif-cjk-ttc-fonts

ibus-libzhuyin、libzhuyin

日本語

google-noto-sans-cjk-ttc-fonts、google-noto-serif-cjk-ttc-fonts

ibus-kkc、libkkc

韓国語

google-noto-sans-cjk-ttc-fonts、google-noto-serif-cjk-ttc-fonts

ibus-hangul、libhangu

21.2. RHEL 8 における国際化の主な変更点

RHEL 8 では、RHEL 7 の国際化に以下の変更が加えられています。

  • Unicode 11 コンピューティングの業界標準のサポートが追加されました。
  • 国際化は複数のパッケージで配布され、より小さなフットプリントのインストールを可能にします。詳細は、「言語パックの使用」を参照してください。
  • 複数のロケールの glibc パッケージの更新が、Common Locale Data Repository (CLDR) と同期するようになりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。