5.2. インストーラーネットワーキング

5.2.1. デバイスの命名スキーム

Red Hat Enterprise Linux 8 では、ユーザー定義の接頭辞に基づいてネットワークインターフェース名を生成する新しいネットワークデバイスの命名スキームが利用できます。net.ifnames.prefix 起動オプションを使用すると、インストールプログラムおよびインストール済みシステムでデバイスの命名スキームが使用できます。詳細は、man ページの dracut.cmdline(7) を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。