5.3. インストールイメージおよびパッケージ

5.3.1. 統一された ISO

Red Hat Enterprise Linux 8 では、統合 ISO が、インストールソースリポジトリー BaseOS および AppStream を読み込みます。この機能は、インストール時に読み込まれる最初のベースリポジトリーに対して有効です。たとえば、リポジトリーが設定されず、グラフィカルユーザーインターフェース (GUI) のベースリポジトリーとして統合 ISO がある場合、または統合 ISO を指定する inst.repo= オプションを使用してインストールを起動した場合です。

したがって、AppStream リポジトリーは、Installation Source GUI ウィンドウの Additional Repositories セクションで有効になります。AppStream リポジトリーを削除したり、その設定を変更することはできませんが、インストールソース で無効にできます。別のベースリポジトリーを使用してインストールを起動し、そのあとで統合 ISO に変更した場合はこの機能が無効になります。これを行うと、ベースリポジトリーが置き換えられます。ただし、AppStream リポジトリーは置き換えられず、元のファイルを指定します。

5.3.2. Stage2 イメージ

Red Hat Enterprise Linux 8 では、インストールが失敗しないように、ネットワーク上の stage2、またはキックスタートファイルの場所を指定できます。この更新により、ネットワーク上の stage2、およびキックスタートファイルを使用して、inst.stage2 および inst.ks の起動オプションを複数指定できるようになりました。これにより、stage2 またはキックスタートファイルが置いてあるサーバーにアクセスできず、必要なファイルが使用できないためにインストールに失敗する状況を回避します。

この新しい更新により、複数の場所が指定されている場合にインストールに失敗するのを回避できます。定義するすべての場所が URL (主に HTTPHTTPS、または FTP) の場合は、必要なファイルが正常にフェッチされるまで、順番に試行されます。URL 以外の場所がある場合は、最後に指定した場所が試行されます。残りの場所は無視されます。

5.3.3. inst.addrepo パラメーター

以前は、カーネル起動パラメーターからベースリポジトリーだけを指定できました。Red Hat Enterprise Linux 8 では、新しいカーネルパラメーター inst.addrepo=<name>,<url> により、インストール時に追加リポジトリーを指定できるようになりました。このパラメーターでは、リポジトリーの名前と、リポジトリーを指定する URL の 2 つの値が必要になります。詳細は「inst-addrepo usage」を参照してください。

5.3.4. 拡張 ISO からのインストール

Red Hat Enterprise Linux 8 は、ローカルのハードドライブで、リポジトリーからのインストールをサポートします。以前は、ハードドライブからのインストール方法といえば、ISO イメージをインストールソースとして使用するだけでした。ただし、ファイルシステムによっては、Red Hat Enterprise Linux 8 ISO イメージが大きすぎる場合があります。たとえば、FAT32 ファイルシステムは、4 GiB 以上のファイルを保存できません。Red Hat Enterprise Linux 8 では、ローカルハードドライブのリポジトリーからインストールできます。ISO イメージの代わりにディレクトリーのみを指定する必要があります。たとえば、inst.repo=hd:<device>:<path to the repository> です。

Red Hat Enterprise Linux 8 の BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーは、本書の「リポジトリー」セクションを参照してください。