5.3. インストールイメージおよびパッケージ

5.3.1. システムを登録し、RHEL サブスクリプションを割り当て、Red Hat CDN からインストールする機能

Red Hat Enterprise Linux 8.2 では、パッケージのインストール前に、システムを登録し、RHEL サブスクリプションを割り当て、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールすることができます。インタラクティブな GUI インストールと、自動キックスタートインストールが、この機能をサポートしています。詳細は『RHEL 8.2 リリースノート』を参照してください。

5.3.2. インストール時にシステムを Red Hat Insights に登録する機能

Red Hat Enterprise Linux 8.2 以降、インストール時にシステムを Red Hat Insights に登録できます。インタラクティブな GUI インストールと、自動キックスタートインストールが、この機能をサポートしています。詳細は『RHEL 8.2 リリースノート』を参照してください。

5.3.3. 統一された ISO

Red Hat Enterprise Linux 8 では、統合 ISO が、インストールソースリポジトリー BaseOS および AppStream を読み込みます。この機能は、インストール時に読み込まれる最初のベースリポジトリーに対して有効です。たとえば、リポジトリーが設定されず、グラフィカルユーザーインターフェース (GUI) のベースリポジトリーとして統合 ISO がある場合、または統合 ISO を指定する inst.repo= オプションを使用してインストールを起動した場合です。

したがって、AppStream リポジトリーは、Installation Source GUI ウィンドウの Additional Repositories セクションで有効になります。AppStream リポジトリーを削除したり、その設定を変更することはできませんが、インストールソース で無効にできます。別のベースリポジトリーを使用してインストールを起動し、そのあとで統合 ISO に変更した場合はこの機能が無効になります。これを行うと、ベースリポジトリーが置き換えられます。ただし、AppStream リポジトリーは置き換えられず、元のファイルを指定します。

5.3.4. Stage2 イメージ

Red Hat Enterprise Linux 8 では、インストールが失敗しないように、ネットワーク上の stage2、またはキックスタートファイルの場所を指定できます。この更新により、ネットワーク上の stage2、およびキックスタートファイルを使用して、inst.stage2 および inst.ks の起動オプションを複数指定できるようになりました。これにより、stage2 またはキックスタートファイルが置いてあるサーバーにアクセスできず、必要なファイルが使用できないためにインストールに失敗する状況を回避します。

この新しい更新により、複数の場所が指定されている場合にインストールに失敗するのを回避できます。定義するすべての場所が URL (主に HTTPHTTPS、または FTP) の場合は、必要なファイルが正常にフェッチされるまで、順番に試行されます。URL 以外の場所がある場合は、最後に指定した場所が試行されます。残りの場所は無視されます。

5.3.5. inst.addrepo パラメーター

以前は、カーネル起動パラメーターからベースリポジトリーだけを指定できました。Red Hat Enterprise Linux 8 では、新しいカーネルパラメーター inst.addrepo=<name>,<url> により、インストール時に追加リポジトリーを指定できるようになりました。このパラメーターでは、リポジトリーの名前と、リポジトリーを指定する URL の 2 つの値が必要になります。詳細は「inst-addrepo usage」を参照してください。

5.3.6. 拡張 ISO からのインストール

Red Hat Enterprise Linux 8 は、ローカルのハードドライブで、リポジトリーからのインストールをサポートします。以前は、ハードドライブからのインストール方法といえば、ISO イメージをインストールソースとして使用するだけでした。ただし、ファイルシステムによっては、Red Hat Enterprise Linux 8 ISO イメージが大きすぎる場合があります。たとえば、FAT32 ファイルシステムは、4 GiB 以上のファイルを保存できません。Red Hat Enterprise Linux 8 では、ローカルハードドライブのリポジトリーからインストールできます。ISO イメージの代わりにディレクトリーのみを指定する必要があります。たとえば、inst.repo=hd:<device>:<path to the repository> です。

Red Hat Enterprise Linux 8 の BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーは、本ガイドの「リポジトリー」セクションを参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。