17.2. Active Directory ユーザーが Identity Management を管理可能に

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7 では、System Security Services Daemon (SSSD) で外部グループメンバーシップを使用して、AD ユーザーとグループが POSIX 環境の IdM リソースにアクセスするのを許可します。

IdM LDAP サーバーには、アクセス制御を付与する独自のメカニズムがあります。RHEL 8 には、AD ユーザーに対する ID ユーザーのオーバーライドを、IdM グループのメンバーとして追加できるようにする更新が導入されました。ID オーバーライドは、特定の Active Directory ユーザーまたはグループのプロパティーが特定の ID ビュー (この場合は Default Trust View) 内でどのように見えるかを記述するレコードです。この更新により、IdM LDAP サーバーは、IdM グループのアクセス制御ルールを AD ユーザーに適用できます。

AD ユーザーは、IdM UI のセルフサービス機能 (SSH キーのアップロード、個人のデータの変更など) を使用できるようになりました。AD 管理者は、アカウントおよびパスワードを 2 つ使用しなくても、IdM を完全に管理できるようになります。

注記

IdM の一部の機能は、AD ユーザーには現在利用できません。たとえば、IdM の admins グループに所属する AD ユーザーが、IdM ユーザーのパスワードを設定することはできません。