第17章 ID 管理

17.1. Identity Management パッケージがモジュールとしてインストールされる

RHEL 8 では、Identity Management (IdM) サーバーとクライアントのインストールに必要なパッケージがモジュールとして配布されています。client ストリームは、idm モジュールのデフォルトのストリームであるため、このストリームを有効にしなくてもクライアントのインストールに必要なパッケージをダウンロードできます。

IdM サーバーモジュールストリームは DL1 と呼ばれ、さまざまなタイプの IdM サーバーに対応するプロファイルが複数含まれます。

  • サーバー: 統合 DNS のない IdM サーバー
  • DNS: 統合 DNS のある IdM サーバー
  • adtrust: Active Directory と信頼関係のある IdM サーバー
  • クライアント: IdM クライアント

DL1 ストリームの特定のプロファイルにあるパッケージをダウンロードする場合は、以下を行います。

  1. ストリームを有効にします。

    # yum module enable idm:DL1
  2. ストリーム経由で配信される RPM に切り替えます。

    # yum distro-sync
  3. 選択したプロファイルをインストールします。

    # yum module install idm:DL1/profile

    profile を、上で定義した特定のプロファイルのいずれかに置き換えます。

詳細は「Identity Management サーバーに必要なパッケージのインストール」および「Identity Management クライアントのインストールに必要なパッケージ」を参照してください。