13.6. RHEL 8 Pacemaker クラスター内の GFS2 ファイルシステム

Red Hat Enterprise Linux 8 では、LVM は、「共有ストレージデバイスを管理する clvmd の削除」で説明されているように、アクティブ/アクティブクラスターで共有ストレージデバイスを管理するために、clvmd の代わりに、LVM ロックデーモン lvmlockd を使用します。

RHEL 8 クラスターに RHEL 7 システムを作成した GFS2 ファイルシステムを使用するには、RHEL 8 システムで共有論理ボリュームとしてマウントされる論理ボリュームを設定して、ボリュームグループのロックを開始する必要があります。既存の RHEL 7 論理ボリュームを、RHEL 8 Pacemaker クラスターとして使用するように設定する手順は、「RHEL7 から RHEL8 へ GFS2 ファイルシステムの移行」を参照してください。