Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

9.2.3. iptables-ebtables の出力の一部が、ebtables と完全に互換性がない

RHEL 8 では、ebtables コマンドは、iptables-ebtables パッケージが提供します。ここには、このツールが nftables ベースで再実装されています。このツールには別のコードベースがあり、その出力は、側面が異なる場合があるため、無視できるか、設計上の選択を慎重に検討する必要があります。

したがって、ebtables 出力を解析するスクリプトを移行する際に、以下を反映するスクリプトを調整します。

  • MAC アドレスの書式が、長さが固定されるように変更されました。octet 値では、2 文字の書式を維持するために、必要に応じて、個々のバイト値の前にゼロが含まれます。
  • IPv6 接頭辞の形式が、RFC 4291 に準拠するように変更になりました。スラッシュ文字の後ろの終了部分には、IPv6 アドレスフォーマットのネットマスクが含まなくなりましたが、プレフィックス長は含まれます。この変更は、有効な (左連続の) マスクにしか適用されませんが、それ以外の場合は、古い形式で印刷されます。