7.3. DNS 解決

RHEL 7 では、nslookup ユーティリティーおよび host ユーティリティーが、リストされているネームサーバーからの recursion available フラグなしで、あらゆる応答を許可できるようになりました。RHEL 8 では、nslookuphost は、最後に設定されているネームサーバーでない限り、再帰だけの応答を無視します。最後に設定したネームサーバーでは、recursion available フラグがなくても応答が許可されます。

ただし、最後に設定したネームサーバーが応答しない場合や到達できない場合は、名前解決に失敗します。このような失敗を防ぐためには、以下のいずれかの方法を使用できます。

  • 設定したネームサーバーが、recursion available フラグが設定されている状態で常に応答することを確認します。
  • すべての内部クライアントに再帰を許可します。

必要に応じて、dig ユーティリティーを使用して、再帰が利用可能かどうかを検出することもできます。