9.3. wpa_supplicant の変更点

9.3.1. journalctlwpa_supplicant ログを読み込む

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 の wpa_supplicant パッケージは、CONFIG_DEBUG_SYSLOG が有効になった状態で構築されています。これにより、/var/log/wpa_supplicant.log ファイルの内容を確認する代わりに、journalctl ユーティリティーを使用して wpa_supplicant ログを読み取ることができます。

9.3.2. wpa_supplicant のワイヤレス拡張に対する compile-time サポートが無効になっている

wpa_supplicant パッケージでは、ワイヤレス拡張に対応していません。コマンドラインの引数として wext を使用する場合、またはワイヤレス拡張にのみ対応する古いアダプターのみを使用する場合は、wpa_supplicant デーモンを実行できません。