Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.5. 従来の RHEL ansible-freeipa リポジトリーに代わる Ansible Automation Hub

Red Hat Enterprise Linux 8.6 では、標準の RHEL リポジトリーからダウンロードする代わりに、Ansible Automation Hub (AAH) から ansible-freeipa モジュールをダウンロードできます。AAH を使用することで、このリポジトリーで利用可能な ansible-freeipa モジュールのより高速な更新の恩恵を受けることができます。

AAH では、ansible-freeipa のロールとモジュールがコレクション形式で配布されます。AAH ポータルのコンテンツにアクセスするには、Ansible Automation Platform (AAP) サブスクリプションが必要であることに注意してください。また、ansible バージョン 2.14 以降も必要です。

redhat.rhel_idm コレクションには、従来の ansible-freeipa パッケージと同じコンテンツが含まれています。ただし、コレクション形式では、名前空間とコレクション名で設定される完全修飾コレクション名 (FQCN) が使用されます。たとえば、redhat.rhel_idm.ipadnsconfig モジュールは、RHEL リポジトリーによって提供される ansible-freeipaipadnsconfig モジュールに対応します。名前空間とコレクション名の組み合わせにより、オブジェクトが一意になり、競合することなく共有できるようになります。