Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.2.2. 5 レベルのページテーブル x86_64

Red Hat Enterprise Linux 7 では、既存のメモリーバスには 48/46 ビットの仮想/物理メモリーアドレス容量があり、Linux カーネルが 4 つのレベルのページテーブルを実装して物理アドレスへの仮想アドレスを管理します。物理バスのアドレス線は、物理メモリーの容量の上限を 64 TB に制限します。

この制限は、57/52 ビットの仮想および物理のメモリーアドレスにより、128 PiB の仮想アドレス空間 (64PB ユーザー/64PB カーネル) と、4 PB の物理メモリーの容量まで拡張されました。

拡張アドレス範囲を使用して、Red Hat Enterprise Linux 8 のメモリー管理では、5 レベルのページテーブル実装のサポートが追加されました。この実装は、最大 128 個の仮想アドレス空間と 4 PiB の物理アドレス空間で拡張アドレス範囲を処理できます。

5 レベルのページテーブルは、インストールされている物理メモリーが 64 TiB 未満であっても、この機能をサポートできるハードウェアに対してデフォルトで有効になっています。メモリーが 64 TiB 未満のシステムの場合は、5 レベルのページテーブルに関するオーバーヘッドが増えています。このオーバーヘッドを回避するには、no5lvl カーネルコマンドラインパラメーターを使用して 5 レベルのページテーブルを無効にして、4 レベルのページテーブルの使用を強制できます。