3.2. IPoIB デバイスの名前変更

デフォルトでは、カーネルには IPoIB (IP over InfiniBand) デバイス (ib0ib1など) という名前が付けられます。競合を回避するために、Red Hat は udev デバイスマネージャーでルールを作成し、mlx4_ib0 などの永続的で意味のある名前を作成することが推奨されます。

前提条件

  • InfiniBand デバイスがホストにインストールされている。

手順

  1. デバイスのハードウェアアドレスを表示します。たとえば、ib0 という名前のデバイスのアドレスを表示するには、次のコマンドを実行します。

    # ip link show ib0
    8: ib0: >BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP< mtu 65520 qdisc pfifo_fast state UP mode DEFAULT qlen 256
        link/infiniband 80:00:02:00:fe:80:00:00:00:00:00:00:00:02:c9:03:00:31:78:f2 brd 00:ff:ff:ff:ff:12:40:1b:ff:ff:00:00:00:00:00:00:ff:ff:ff:ff

    次の例で udev ルールを作成するには、例で太字で示されているアドレスの最後の 8 バイトが必要です。

  2. /etc/udev/rules.d/70-persistent-ipoib.rules ファイルを編集し、ACTION ルールを追加します。たとえば、00:02:c9:03:00:31:78:f2 ハードウェアアドレスでデバイスの名前を変更するルールを mlx4_ib0 に設定するには、以下の行を追加します。

    ACTION=="add", SUBSYSTEM=="net", DRIVERS=="?*", ATTR{type}=="32", ATTR{address}=="?*00:02:c9:03:00:31:78:f2", NAME="mlx4_ib0"
  3. ホストを再起動します。

    # reboot

関連情報