第3章 コア RDMA サブシステムの設定

本セクションでは、rdma サービスを設定し、ユーザーがシステムで固定 (ピン留め) できるメモリーの量を増やす方法を説明します。

3.1. rdma サービスの設定

rdma サービスは、カーネルの RDMA スタックを管理します。Red Hat Enterprise Linux が、InfiniBand デバイス、iWARP デバイス、または RoCE デバイスを検出すると、udev デバイスマネージャーが systemdrdma サービスを開始するよう指示します。

手順

  1. /etc/rdma/rdma.conf ファイルを編集し、有効にするモジュールの変数を yes に設定します。以下は、Red Hat Enterprise Linux 8 のデフォルトの /etc/rdma/rdma.conf です。

    # Load IPoIB
    IPOIB_LOAD=yes
    # Load SRP (SCSI Remote Protocol initiator support) module
    SRP_LOAD=yes
    # Load SRPT (SCSI Remote Protocol target support) module
    SRPT_LOAD=yes
    # Load iSER (iSCSI over RDMA initiator support) module
    ISER_LOAD=yes
    # Load iSERT (iSCSI over RDMA target support) module
    ISERT_LOAD=yes
    # Load RDS (Reliable Datagram Service) network protocol
    RDS_LOAD=no
    # Load NFSoRDMA client transport module
    XPRTRDMA_LOAD=yes
    # Load NFSoRDMA server transport module
    SVCRDMA_LOAD=no
    # Load Tech Preview device driver modules
    TECH_PREVIEW_LOAD=no
  2. rdma サービスを再起動します。

    # systemctl restart rdma