7.5. 空のファイルシステムで使用中と表示される領域

空の GFS2 ファイルシステムがある場合は、df コマンドで、占有されている領域が存在することが示されます。これは、GFS2 ファイルシステムのジャーナルがディスク上で領域 (ジャーナルの数 * ジャーナルサイズ) を消費するためです。多数のジャーナルがある GFS2 ファイルシステムを作成した場合、または指定したジャーナルサイズが大きい場合に df コマンドを実行すると、(ジャーナルの数 * ジャーナルのサイズ) が使用されているものとして表示されます。大量のジャーナルや大規模なジャーナルを指定していない場合でも、小さな GFS2 ファイルシステム (1GB 以下の範囲) には、デフォルトの GFS2 ジャーナルサイズで、使用中の大容量の領域が表示されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。