4.4. quotasync コマンドを使用したクォータの同期

GFS2 は、すべてのクォータ情報をディスク上にある独自の内部ファイルに保存します。GFS2 ノードは、ファイルシステムの書き込みごとにこのクォータファイルを更新するのではなく、デフォルトで 60 秒ごとにクォータファイルを更新します。これは、クォータファイルへの書き込みをノード間で行うことを避けるために必要です。このような場合は、パフォーマンスが低下します。

ユーザーまたはグループがクォータ制限に近づくと、GFS2 はクォータファイルの更新の間隔を動的に短縮し、制限を超えないようにします。クォータ同期の間の通常の期間は、調整可能なパラメーターである quota_quantum です。quota_quantum マウントオプションを使用して、デフォルト値の 60 秒から変更できます。表 25.2 GFS2 固有のマウントオプションquota_quantum パラメーターは、各ノードごとと、ファイルシステムをマウントするたびに設定する必要があります。quota_quantum パラメーターへの変更は、マウントが解除すると元に戻ります。quota_quantum の値は mount -o remount で更新できます。

quotasync コマンドを使用して、GFS2 が実行する自動更新の間に、ノードからディスク上のクォータファイルにクォータ情報を同期させます。クォータ情報を同期する 形式は以下の通りです。

# `quotasync [-ug -a|mountpoint..a`].
u
ユーザーのクォータファイルを同期します。
g
グループのクォータファイルを同期します。
a
現在クォータが有効で、同期に対応するすべてのファイルシステムを同期します。-a を指定しない場合は、ファイルシステムのマウントポイントを指定する必要があります。
mountpoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。

quota-quantum マウントオプションを指定して、同期の間隔を調整できます。

# mount -o quota_quantum=secs,remount BlockDevice MountPoint
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。
secs
GFS2 による通常のクォータファイル同期の新しい間隔を指定します。値を小さくすると競合が増え、パフォーマンスが低下する可能性があります。

次の例では、実行しているノードから、ファイルシステム /mnt/mygfs2 のディスク上のクォータファイルに、キャッシュされているすべてのダーティークォータを同期します。

# quotasync -ug /mnt/mygfs2

次の例では、ファイルシステムを論理ボリューム /dev/volgroup/logical_volume に再マウントする場合に、ファイルシステム /mnt/mygfs2 でクォータファイルを更新する通常の間隔を、デフォルトから 1 時間 (3600秒) に変更します。

# mount -o quota_quantum=3600,remount /dev/volgroup/logical_volume /mnt/mygfs2

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。