5.2. gfs2 ファイルシステムの修復

次の形式は、GFS2 ファイルシステムを修復する fsck.gfs2 コマンドになります。

fsck.gfs2 -y BlockDevice
-y
-y フラグにより、すべての質問の回答が yes となります。-y フラグを指定すると、fsck.gfs2 コマンドは、変更を行う前に回答を求めるプロンプトを出しません。
BlockDevice
GFS2 ファイルシステムを置くブロックデバイスを指定します。

この例では、/dev/testvg/testlv ブロックデバイスにある GFS2 ファイルシステムが修復されます。修復するすべての質問に、自動的に yes と答えます。

# fsck.gfs2 -y /dev/testvg/testlv
Initializing fsck
Validating Resource Group index.
Level 1 RG check.
(level 1 passed)
Clearing journals (this may take a while)...
Journals cleared.
Starting pass1
Pass1 complete
Starting pass1b
Pass1b complete
Starting pass1c
Pass1c complete
Starting pass2
Pass2 complete
Starting pass3
Pass3 complete
Starting pass4
Pass4 complete
Starting pass5
Pass5 complete
Writing changes to disk
fsck.gfs2 complete