7.6. トラブルシューティングに使用する GFS2 データ収集

GFS2 ファイルシステムがハングし、それに対して実行したコマンドを返さず、Red Hat サポートのチケットを作成する必要がある場合は、最初に以下のデータを収集してください。

  • 各ノード上のファイルシステム用の GFS2 ロックダンプの場合:

    cat /sys/kernel/debug/gfs2/fsname/glocks >glocks.fsname.nodename
  • 各ノードのファイルシステム用の DLM ロックダンプの場合: この情報は、dlm_tool を使用して確認できます。

    dlm_tool lockdebug -sv lsname.

    このコマンドでは、lsname は、問題のファイルシステムに対して DLM が使用するロックスペース名です。group_tool コマンドの出力で、次の内容を確認できます。

  • sysrq -t コマンドの出力
  • /var/log/messages ファイルの内容

データを収集したら、Red Hat サポートのチケットを作成して、収集したデータを提出してください。