2.6. GFS2 用仮想マシンの設定

仮想マシンで GFS2 ファイルシステムを使用する場合は、キャッシュを強制的にオフにするために各ノードの仮想マシンのストレージ設定を適切に設定することが重要です。たとえば、libvirt ドメインで cache および io の設定を追加すると、GFS2 が期待通りに動作するようになります。

<driver name='qemu' type='raw' cache='none' io='native'/>

代わりに、デバイス要素に shareable 属性を設定できます。これは、デバイスがドメイン間で共有される必要があることを示しています (ハイパーバイザーと OS が対応している場合)。shareable を使用すると、そのデバイスに cache='no' が指定されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。