2.4. GFS2 での NFS の設定

GFS2 ロッキングサブシステムとそのクラスターの複雑性を考慮し、GFS2 での NFS の設定には、多くの予防措置をとり、注意深く設定を行う必要があります。本セクションでは、GFS2 ファイルシステムで NFS サービスを設定する際に考慮すべき注意事項を説明します。

警告

GFS2 ファイルシステムが NFS でエクスポートされる場合は、localflocks オプションを指定してファイルシステムをマウントする必要があります。localflocks オプションを指定すると、複数の場所から GFS2 ファイルシステムに安全にアクセスできなくなるため、GFS2 を複数のノードから同時にエクスポートすることはできません。そのため、この設定を使用する際に、GFS2 ファイルシステムを一度に 1 つのノードにのみマウントすることが対応要件となります。この目的は、各サーバーからの POSIX ロックをローカル (つまり、クラスター化されず、相互に独立した状態) として強制的に設定することです。これは、GFS2 が NFS からクラスターのノード全体で POSIX ロックを実装しようとすると、複数の問題が発生するためです。NFS クライアントで実行しているアプリケーションでは、2 台のクライアントが異なるサーバーからマウントしている場合は、ローカライズされた POSIX ロックにより、それら 2 台のクライアントが同じロックを同時に保持することがあります。これにより、データが破損する可能性があります。すべてのクライアントがあるサーバーから NFS をマウントすると、同じロックを個別サーバーに付与するという問題が発生しなくなります。localflocks オプションでファイルシステムをマウントするかどうか不明な場合は、このオプションを使用しないでください。データの損失を回避するためにも、すぐに Red Hat サポートに問い合わせ、適切な設定について相談してください。NFS 経由で GFS2 をエクスポートすることは、一部の状況において技術的には可能ですが推奨されません。

NFS を除くすべての GFS2 アプリケーションでは、localflocks を使用してファイルシステムをマウントしないでください。これにより、GFS2 はクラスター (クラスター全体) におけるすべてのノード間で POSIX のロックと flocks を管理できます。localflocks を指定して NFS を使用しないと、クラスター内のその他のノードは相互の POSIX ロックと flocks を認識しないため、クラスター環境において不安定になります。

GFS2 ファイルシステムで NFS サービスを設定する際には、ロックについて考慮する以外に、以下のような点も検討する必要があります。

  • Red Hat は、以下のような特性を持つアクティブ/パッシブ構成のロックを備えた NFSv3 を使用する Red Hat High Availability Add-On 設定のみをサポートしています。この構成では、ファイルシステムで高可用性 (HA) が実現し、システムの停止時間が短縮されます。これは、失敗したノードが、あるノードから別のノードへの NFS サーバーに障害が発生したときに fsck コマンドの実行が必須にならないためです。

    • バックエンドファイルシステムは、2〜16 のノードクラスターで稼働している GFS2 ファイルシステムです。
    • NFSv3 サーバーは、単一クラスターノードから GFS2 ファイルシステム全体を一度にエクスポートするサービスとして定義されます。
    • NFS サーバーは、1 つのクラスターノードから他のクラスターノードへのフェイルオーバーが可能です (アクティブ/パッシブ構成)。
    • NFS サーバー経由を 除いて、GFS2 ファイルシステムへのアクセスは許可されていません。これには、ローカルの GFS2 ファイルシステムアクセスと、Samba または クラスター化 Samba によるアクセスの両方が含まれます。マウント元のクラスターノードからローカルにファイルシステムにアクセスすると、データが破損する可能性があります。
    • システムで NFS クォータはサポートされていません。
  • GFS2 の NFS エクスポートには NFS オプション fsid= が必須です。
  • クラスターで問題が発生した場合 (たとえば、クラスターが定足化し、フェンシングが成功しなくなるなど) は、クラスター化論理ボリュームと GFS2 ファイルシステムがフリーズし、クラスターが定足化されるまでアクセスできなくなります。この手順で定義されているような単純なフェイルオーバーソリューションがシステムにとって最も適しているかどうかを判断する際には、これを考慮してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。