第1章 GFS2 ファイルシステムのデプロイメントの計画

Red Hat Global File System 2 (GFS2) ファイルシステムは、64 ビットの対称クラスターファイルシステムで、共有名前空間を提供し、一般的なブロックデバイスを共有する複数のノード間の一貫性を管理します。GFS2 ファイルシステムは、ローカルファイルシステムに可能な限り近い機能セットを提供すると同時に、ノード間でクラスターの完全な整合性を強制することを目的としています。これを実現するため、ノードはファイルシステムリソースにクラスター全体のロックスキームを使用します。このロックスキームは、TCP/IP などの通信プロトコルを使用して、ロック情報を交換します。

場合によっては、Linux ファイルシステム API では、GFS2 のクラスター化された性質を完全に透過的にすることができません。たとえば、GFS2 で POSIX ロックを使用しているプログラムは、GETLK の使用を回避する必要があります。なぜなら、クラスター環境では、プロセス ID が、クラスター内の別のノードに対するものである可能性があるためです。ただし、ほとんどの場合、GFS2 ファイルシステムの機能は、ローカルファイルシステムのものと同じです。

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) Resilient Storage Add-On は GFS2 を提供します。GFS2 が必要とするクラスター管理の提供は RHEL High Availability Add-On により提供されます。

gfs2.ko カーネルモジュールは GFS2 ファイルシステムを実装し、GFS2 クラスターノードに読み込まれます。

GFS2 環境を最大限に利用するためにも、基礎となる設計に起因するパフォーマンス事情を考慮することが重要です。GFS2 では、ローカルファイルシステムと同様、ページキャッシュで、頻繁に使用されるデータのローカルキャッシングを行ってパフォーマンスを向上します。クラスターのノード間で一貫性を維持するために、glock ステートマシンでキャッシュ制御が提供されます。

重要

Red Hat High Availability Add-On の導入がお客様のニーズを満たし、サポート対象であることを確認してください。Red Hat 認定担当者に相談して設定を確認してからデプロイするようにしてください。

1.1. 確認する主な GFS2 パラメーター

GFS2 のインストールと設定を行う前に、以下に挙げる GFS2 ファイルシステムの主要な特性を確認します。

GFS2 ノード
クラスター内のどのノードで GFS2 ファイルシステムをマウントするかを決定します。
ファイルシステムの数
最初に作成する GFS2 ファイルシステムの数を指定します。ファイルシステムは後で追加できます。
ファイルシステム名
各 GFS2 ファイルシステムには一意の名前を付ける必要があります。この名前は通常、LVM 論理ボリューム名と同じで、GFS2 ファイルシステムがマウントされたときに DLM ロックテーブル名として使用されます。たとえば、このガイドでの手順では、ファイルシステム名に mydata1 および mydata2 を使用します。
ジャーナル
GFS2 ファイルシステムのジャーナル数を決定します。GFS2 では、ファイルシステムのマウントを必要とするクラスターの各ノードにジャーナルが必要になります。たとえば、16 ノードのクラスターがあり、2 つのノードからファイルシステムのみをマウントする必要がある場合は、2 つのジャーナルのみが必要になります。GFS2 では、追加サーバーがファイルシステムをマウントするため、後で gfs2_jadd ユーティリティーを使用して、ジャーナルを動的に追加できます。
ストレージデバイスとパーティション
ファイルシステム内に (lvmlockd を使用して) 論理ボリュームを作成する際に使用するストレージデバイスとパーティションを決めます。
時間プロトコル

GFS2 ノードのクロックが同期されていることを確認します。Red Hat Enterprise Linux ディストリビューションで提供されている Precision Time Protocol (PTP)、または Network Time Protocol (NTP) ソフトウェア (設定に必要な場合) を使用することが推奨されます。

不要な inode 時間スタンプの更新を防ぐには、GFS2 ノード内のシステムクロックの時間差が数分以内になるように設定する必要があります。inode のタイムスタンプの更新を不要に行うと、クラスターのパフォーマンスに大きな影響が及びます。

注記

同じディレクトリー内の複数のノードで作成操作および削除操作が同時に多数発行すると、GFS2 でパフォーマンスの問題が発生することがあります。これによりシステムでパフォーマンスの問題が発生する場合は、ノードによるファイルの作成および削除を、可能な限りそのノード固有のディレクトリーに特定する必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。