5.4. swap ファイルシステムをシングルパスデバイスからマルチパスデバイスへ移動

デフォルトでは、swap デバイスは論理ボリュームとして設定されます。論理ボリュームグループを構成する物理ボリュームでマルチパスを設定している限り、このようなデバイスをマルチパスデバイスとして設定する特別な手順は必要ありません。ただし、swap デバイスが LVM ボリュームではなく、デバイス名でマウントする場合には、/etc/fstab ファイルに、適切なマルチパスデバイス名を設定しないといけない場合があります。

  1. -v3 オプションを指定して /sbin/multipath コマンドを実行し、swap デバイスの WWID 番号を確認します。コマンドの出力のパス一覧に swap デバイスが表示されます。

    swap デバイスを示す、次のような行のコマンド出力を探します。

    WWID  H:B:T:L devname MAJOR:MINOR

    たとえば、swap ファイルシステムを sda か、そのパーティションの 1 つに設定している場合は、以下のような行が表示されます。

    ===== paths list =====
    ...
    1ATA     WDC WD800JD-75MSA3                           WD-WMAM9F 1:0:0:0 sda 8:0
    ...
  2. /etc/multipath.conf ファイルに、swap デバイスのエイリアスを設定します。

    multipaths {
        multipath {
            wwid WWID_of_swap_device
            alias swapdev
        }
    }
  3. /etc/fstab ファイルで、root デバイスへの古いデバイスパスを、マルチパスデバイスに置き換えます。

    たとえば、/etc/fstab ファイルに、以下のようなエントリーがあるとします。

    /dev/sda2 swap                    swap    defaults        0 0

    そのエントリーを以下のように変更します。

    /dev/mapper/swapdev swap          swap    defaults        0 0