5.3. root ファイルシステムをシングルパスデバイスからマルチパスデバイスへ移動

シングルパスのデバイスにシステムをインストールしてから、別のパスを root ファイルシステムに追加する場合は、root ファイルシステムをマルチパスのデバイスに移行する必要があります。本セクションでは、シングルパスからマルチパスのデバイスへの移行手順を説明します。

device-mapper-multipath パッケージがインストールされていることを確認した上で、以下の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを実行して /etc/multipath.conf 設定ファイルを作成し、マルチパスモジュールを読み込んで multipathdchkconfigon に設定します。

    # mpathconf --enable
  2. find_multipaths 設定パラメーターが yes に設定されていない場合は、「DM Multipath のデバイスのブラックリスト」の説明に従って、/etc/multipath.conf ファイルの blacklist セクションおよび blacklist_exceptions セクションを変更します。
  3. 検出され次第、root デバイスにマルチパスデバイスを構築させるため、次のコマンドを実行します。また、このコマンドを実行すると、パスが 1 つしかない場合でも必ず find_multipaths がデバイスを許可するようになります。

    # multipath -a root_devname

    たとえば、root デバイスが /dev/sdb の場合は、次のコマンドを実行します。

    # multipath -a /dev/sdb
    wwid '3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200' added
  4. 設定ファイルの設定が正しく行われたことを確認するため、multipath コマンドを実行して、以下の形式の行の出力を見つけます。これは、コマンドがマルチパスデバイスの作成に失敗したことを示しています。

    date  wwid: ignoring map

    たとえば、デバイスの WWID が 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200 の場合は、次のような行が出力に表示されます。

    # multipath
    Oct 21 09:37:19 | 3600d02300069c9ce09d41c4ac9c53200: ignoring map
  5. multipathinitramfs ファイルシステムを再構築するため、以下のオプションを使用して dracut コマンドを実行します。

    # dracut --force -H --add multipath
  6. マシンをシャットダウンします。
  7. マシンから他のパスが見えるように、FC スイッチを設定します。
  8. マシンを起動します。
  9. root ファイルシステム ('/') が、マルチパスを設定したデバイス上にあるかどうかを確認します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。