4.3. マルチパス設定ファイルのデフォルトの編集

/etc/multipath.conf 設定ファイルには defaults セクションがあり、以下のように user_friendly_names パラメーターを yes に設定できます。

defaults {
        user_friendly_names yes
}

上記は、user_friendly_names パラメーターのデフォルト値を上書きします。

設定ファイルに defaults のテンプレートが含まれています。このセクションは、以下のようにコメントアウトされています。

#defaults {
#       polling_interval        10
#       path_selector           "round-robin 0"
#       path_grouping_policy    multibus
#       uid_attribute           ID_SERIAL
#       prio                    alua
#       path_checker            readsector0
#       rr_min_io               100
#       max_fds                 8192
#       rr_weight               priorities
#       failback                immediate
#       no_path_retry           fail
#       user_friendly_names     yes
#}

設定パラメーターのデフォルト値を上書きする場合は、このテンプレートの該当行を defaults セクションにコピーして、コメントを外します。たとえば、path_grouping_policy パラメーターを、デフォルト値の failover から multibus に上書きするには、以下のように、テンプレートで該当行を見つけて設定ファイルの defaults セクションにコピーし、そのコメントを外します。

defaults {
        user_friendly_names     yes
        path_grouping_policy    multibus
}

multipath.conf 設定ファイルの defaults セクションで設定される属性の詳細は、man ページの multipath.conf(5) を参照してください。multipath.conf ファイルの devices セクション、multipaths セクション、または overrides セクションに指定された属性により上書きされた場合を除き、この値は DM Multipath により使用されます。