3.3. 追加のストレージデバイスの設定

DM-Multipath に対応しているストレージアレイで最も一般的なものは、DM-Multipath にデフォルトで含まれています。対応デバイスなど、デフォルトの設定値は、次のいずれかのコマンドを実行して確認してください。

# multipathd show config
# multipath -t

デフォルトでは対応していないストレージデバイスを既知のマルチパスデバイスとして追加する必要がある場合は、/etc/multipath.conf ファイルを編集し、適切なデバイス情報を挿入します。

たとえば、HP Open-V シリーズに関する情報を追加する場合は、以下のようなエントリーを記述します。この例では、すべてのパスに障害が発生した場合には、1 分間 (または 5 秒ごとの再試行で 12 回の再試行を行う) のキュー待ちを行うようにデバイスを設定します。

devices {
        device {
                vendor "HP"
                product "OPEN-V"
                no_path_retry 12
        }
}

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。