オープンソースをより包摂的に

Red Hat は、コード、ドキュメント、および Web プロパティーにおける問題のある用語の修正に努めています。取り組みの開始として、マスター、スレーブ、ブラックリスト、ホワイトリストの 4 つの用語の修正に取り組みます。このため、これらの変更は今後の複数のリリースに対して段階的に実施されます。詳細は、弊社の CTO のメッセージを参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。