第3章 DM Multipath の設定

システムに DM-Multipath をセットアップする前に、システムが更新されており、device-mapper-multipath パッケージがインストールされていることを確認してください。

3.1. DM-Multipath の基本設定

mpathconf ユーティリティーを使用して DM Multipath を設定します。マルチパス設定ファイル /etc/multipath.conf が作成されます。

  • /etc/multipath.conf ファイルが存在する場合は、mpathconf ユーティリティーで編集します。
  • /etc/multipath.conf ファイルが存在しない場合は、mpathconf ユーティリティーにより /etc/multipath.conf ファイルが新たに作成されます。

mpathconf ユーティリティーの詳細は、man ページの mpathconf(8) を参照してください。

/etc/multipath.conf ファイルを編集する必要がない場合は、以下の mpathconf コマンドを実行すると、基本的なフェイルオーバー設定の DM Multipath をセットアップできます。このコマンドでマルチパス設定ファイルが有効になり、multipathd デーモンが起動します。

# mpathconf --enable --with_multipathd y

multipathd デーモンを起動する前に /etc/multipath.conf ファイルを編集する必要がある場合は、以下の手順に従って基本的なフェイルオーバー設定の DM Multipath をセットアップします。

  1. --enable オプションを指定して mpathconf コマンドを実行します。

    # mpathconf --enable

    mpathconf コマンドに必要な追加オプションの詳細は、man ページの mpathconf(8) を参照するか、--help オプションを指定して mpathconf コマンドを実行してください。

    # mpathconf --help
    usage: /sbin/mpathconf <command>
    
    Commands:
    Enable: --enable
    Disable: --disable
    Set user_friendly_names (Default y): --user_friendly_names <y|n>
    Set find_multipaths (Default y): --find_multipaths <y|n>
    Load the dm-multipath modules on enable (Default y): --with_module  <y|n>
    start/stop/reload multipathd (Default n): --with_multipathd  <y|n>
  2. 必要に応じて /etc/multipath.conf ファイルを編集します。DM Multipath のデフォルト設定はシステムにコンパイルされているため、/etc/multipath.conf ファイルで明示的に指定する必要はありません。

    path_grouping_policy のデフォルト値は failover に設定されているため、この例では /etc/multipath.conf ファイルを編集する必要はありません。

    設定ファイル内で初めてのデフォルトセクションはシステムを設定するため、マルチパスデバイスの名前の形式は /dev/mapper/mpathn になります。この設定がないと、デバイスの WWID がマルチパスデバイスの名前になります。ユーザーフレンドリー名を使用しない場合は、次のコマンドを実行します。

    # mpathconf --enable --user_friendly_names n
  3. 必要に応じて設定ファイルを保存し、エディターを終了します。
  4. 以下のコマンドを実行します。

    # systemctl start multipathd.service
注記

マルチパスデーモンを起動してからマルチパス設定ファイルの編集が必要になる場合は、systemctl reload multipathd.service コマンドを実行して変更を反映する必要があります。

3.2. マルチパスデバイスの作成時にローカルのディスクを無視

ローカルの SCSI カードが内蔵ディスクに搭載されているマシンがあります。DM Multipath をこのようなデバイスで使用することは推奨されません。find_multipaths 設定パラメーターを on に設定すると、このようなデバイスをブラックリストに指定する必要がなくなります。find_multipaths 設定パラメーターを on に設定しない場合は、以下の手順に従ってマルチパス設定ファイルを編集すると、マルチパスの設定時にローカルのディスクを無視できます。

手順

  1. 内部ディスクであるディスクを確認します。以下の例では、/dev/sda が内部ディスクになります。

    • 既存のマルチパスデバイスを表示します。

      # multipath -v2 -l
      
      SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1 dm-2 WINSYS,SF2372
      size=33 GB features="0" hwhandler="0" wp=rw
      `-+- policy='round-robin 0' prio=0 status=active
        |- 0:0:0:0 sda 8:0 active undef running
    • DM Multipath が作成できるその他のマルチパスデバイスを表示します。

      # multipath -v2 -d
      
      : SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1 undef WINSYS,SF2372
      size=33 GB features="0" hwhandler="0" wp=undef
      `-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=undef
        |- 0:0:0:0 sda 8:0  undef ready running
  2. /etc/multipath.conf ファイルの blacklist セクションを編集して、このデバイスを追加します。

    WWID 属性を使用してデバイスを特定します。devnode タイプで devnode デバイスをブラックリストに指定することもできますが、/dev/sda が再起動後に同じになる保証はないため安全な方法ではありません。

    上記の例では、/dev/sda デバイスの WWID は SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1 です。このデバイスをブラックリストに指定する場合は、/etc/multipath.conf ファイルに以下の記述を追加します。

    blacklist {
          wwid SIBM-ESXSST336732LC____F3ET0EP0Q000072428BX1
    }
  3. 更新された /etc/multipath.conf ファイルを再読み込みします。

    # systemctl reload multipathd.service

関連情報

  • find_multipaths 設定パラメーターと、このパラメーターに設定する値の意味に関する詳細は、man ページの multipath.conf(5) を参照してください。

3.3. 追加のストレージデバイスの設定

DM-Multipath に対応しているストレージアレイで最も一般的なものは、DM-Multipath にデフォルトで含まれています。対応デバイスなど、デフォルトの設定値は、次のいずれかのコマンドを実行して確認してください。

# multipathd show config
# multipath -t

デフォルトでは対応していないストレージデバイスを既知のマルチパスデバイスとして追加する必要がある場合は、/etc/multipath.conf ファイルを編集し、適切なデバイス情報を挿入します。

たとえば、HP Open-V シリーズに関する情報を追加する場合は、以下のようなエントリーを記述します。この例では、すべてのパスに障害が発生した場合には、1 分間 (または 5 秒ごとの再試行で 12 回の再試行を行う) のキュー待ちを行うようにデバイスを設定します。

devices {
        device {
                vendor "HP"
                product "OPEN-V"
                no_path_retry 12
        }
}

3.4. initramfs ファイルシステムでマルチパスの設定

initramfs ファイルシステムでマルチパスを設定できます。マルチパスの設定後、次のオプションを指定して dracut コマンドを実行すると、マルチパス設定ファイルで initramfs ファイルシステムを再構築できます。

# dracut --force --add multipath

initramfs ファイルシステムからマルチパスを実行してマルチパスの設定ファイルを変更した場合は、initramfs ファイルシステムを再構築して変更を有効にする必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。