第4章 DM Multipath 設定ファイルの編集

DM Multipath では、マルチパスで最も一般的に使用する設定値がデフォルトで提供されています。また DM Multipath に対応する最も一般的なストレージアレイが DM Multipath に含まれています。対応しているデバイスなどのデフォルトの設定値は、以下のいずれかのコマンドを実行して確認してください。

# multipathd show config
# multipath -t

DM-Multipath のデフォルトの設定値は、/etc/multipath.conf 設定ファイルを編集するとオーバーライドできます。必要な場合は、デフォルトでは対応していないストレージアレイを設定ファイルに追加することもできます。

注記

initramfs ファイルシステムでマルチパスの設定を行うことができます。initramfs ファイルシステムからマルチパスを実行してマルチパスの設定ファイルを変更した場合は、initramfs ファイルシステムを再構築して変更を有効にする必要があります。

マルチパス設定ファイルで指定するのは、使用状況に応じて必要とされるセクションや、デフォルト値の変更が必要なセクションのみです。使用環境には無関係なファイルのセクションや、デフォルト値を無効にする必要がないファイルのセクションでは、初期ファイルに指定されているコメントアウトを削除する必要はありません。

設定ファイルでは、正規表現の記述構文を使用できます。

設定ファイルの詳細は、man ページの multipath.conf(5) を参照してください。

4.1. 設定ファイルの概要

マルチパス設定ファイルは以下のセクションに分かれています。

blacklist
マルチパス設定の対象として考慮しないデバイスの一覧。
blacklist_exceptions
この例外セクションに指定されていなければ、blacklist セクションのパラメーターに従ってブラックリストに指定されるマルチパスの候補になる一覧。
defaults
DM Multipath のデフォルトの全般設定。
multipaths
マルチパスデバイスの特性に関する個別設定。ここで指定する値は、設定ファイルの overridesdevices、および defaults のセクションで指定されている値より優先されます。
devices
ストレージコントローラーの個別設定。ここで指定する値は、設定ファイル内の defaults セクションで指定されている値より優先されます。デフォルトでは対応していないストレージアレイを使用している場合は、そのアレイ用の devices サブセクションを作成する必要があります。
overrides
すべてのデバイスに適用される設定。ここで指定する値は、設定ファイルの devices セクションおよび defaults セクションで指定されている値より優先されます。

システムがマルチパスデバイスの属性を決定するとき、まずマルチパス設定をチェックし、次にデバイス設定をチェックしてから、マルチパスシステムのデフォルトを確認します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。