第5章 マルチパス化されたボリュームの管理

DM Multipath は、マルチパスボリュームの管理に使用できるさまざまなツールとコマンドを提供します。

5.1. multipath コマンド

multipath コマンドは、デバイスの複数のパスを検出および結合するために使用されます。マルチパス化されたデバイスの管理に使用できるさまざまなオプションを提供します。

表5.1「便利な multipath コマンドオプション」では、multipath コマンドの便利なオプションの一部を説明します。

表5.1 便利な multipath コマンドオプション

オプション説明

-l

sysfs およびデバイスマッパーから取得した現在のマルチパス設定を表示します。

-ll

sysfs およびデバイスマッパーと、システムで利用可能なその他の全コンポーネントから取得した現在のマルチパス設定を表示します。

-f device

指定したマルチパスデバイスを削除します。

-F

不要なマルチパスデバイスをすべて削除します。

-w device

wwids ファイルから指定デバイスの wwid を削除します。

-W

現在のマルチパスデバイスのみが含まれるように、wwids ファイルをリセットします。

5.1.1. Multipath コマンドの出力

マルチパスデバイスの作成、修正、一覧表示を行うと、現在のデバイス設定が表示されます。形式を以下に示します。

マルチパスデバイス

action_if_any: alias (wwid_if_different_from_alias) dm_device_name_if_known vendor,product size=size features='features' hwhandler='hardware_handler' wp=write_permission_if_known

パスグループ

-+- policy='scheduling_policy' prio=prio_if_known status=path_group_status_if_known

パス

 `- host:channel:id:lun devnode major:minor dm_status_if_known path_status online_status

マルチパスコマンドの出力例を以下に示します。

3600d0230000000000e13955cc3757800 dm-1 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
| `- 6:0:0:0 sdb 8:16  active ready  running
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 7:0:0:0 sdf 8:80  active ready  running

パスが有効になり、I/O が可能になると、パスのステータスが ready または ghost になります。パスが停止している場合は、ステータスが faulty または shaky になります。パスのステータスは、/etc/multipath.conf ファイルに定義されているポーリング間隔に基づき、multipathd デーモンにより定期的に更新されます。

その他の可能なパスのステータス値は以下のとおりです。

  • i/o pending - チェッカーがアクティブにこのパスを確認し、ステータスはまもなく更新されます。
  • i/o timeout - faulty と同じです。タイムアウトする前にチェッカーが成功または失敗のいずれかを返さなかったことをユーザーに通知します。
  • removed - システムからパスが削除され、マルチパスデバイスからまもなく削除されます。faulty と同様に処理されます。
  • wild - 内部エラーまたは設定の問題によって、multipathd はパスチェッカーを実行できませんでした。マルチパスがパス上の多くのアクションをスキップすることを除いて、faulty とほぼ同じです。
  • unchecked - パスが今検出された、割り当てられたパスチェッカーがない、パスチェッカーにエラーが発生したなどの理由で、このパスでパスチェッカーが実行していません。これは wild と同じように処理されます。
  • delayed - パスチェッカーはパスが有効であると返したにも関わらず、パスが複数回失敗し、パスを遅延するようにマルチパスが設定されているため、マルチパスがパスの復元を遅らせています。

dm のステータスはパスのステータスと似ていますが、視点はカーネルのものになります。dm のステータスが active の場合は、パスのステータスが ready および ghost になります。pending パスのステータスと同等の dm ステータスはありません。その他のパスのステータスはすべて、dm のステータスでは failed となります。dm のステータスは、パスチェッカーが完了するまで現在のステータスを保持します。

online_status に使用できる値は runningoffline です。offline は、この SCSI デバイスが無効になっていることを表します。

注記

マルチパスデバイスを作成中または修正中の場合は、パスグループのステータス、dm のデバイス名、書き込みパーミッション、dm のステータスなどが不明です。また、機能も常に正しいとは限りません。

5.1.2. マルチパス設定の表示

multipath コマンドで -l オプションおよび -ll オプションを使用すると、現在のマルチパス設定を表示できます。-l オプションは、sysfs の情報から収集したマルチパストポロジーと、デバイスマッパーを表示します。-ll オプションは、-l オプションが表示する情報のほかに、使用できる他のすべてのシステムコンポーネントを表示します。

マルチパス設定を表示するとき、multipath コマンドの -v オプションを使用すると詳細レベルを指定できます。-v0 を指定すると何も出力されません。-v1 を指定すると、作成または更新されたマルチパス名のみが出力され、kpartx などの別のツールに提供できます。-v2 を指定すると、検出されたパス、マルチパス、およびデバイスマップがすべて出力されます。より詳細な情報を出力する場合は、-v3-v4、または -v5 を指定することもできます。

以下は、multipath -l コマンドの出力例になります。

# multipath -l
3600d0230000000000e13955cc3757800 dm-1 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
| `- 6:0:0:0 sdb 8:16  active ready  running
`-- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 7:0:0:0 sdf 8:80  active ready  running

以下は、multipath -ll コマンドの出力例になります。

# multipath -ll
3600d0230000000000e13955cc3757801 dm-10 WINSYS,SF2372
size=269G features='0' hwhandler='0' wp=rw
|-- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
| `- 19:0:0:1 sdc 8:32  active ready  running
`-- policy='round-robin 0' prio=1 status=enabled
  `- 18:0:0:1 sdh 8:112 active ready  running
3600d0230000000000e13955cc3757803 dm-2 WINSYS,SF2372
size=125G features='0' hwhandler='0' wp=rw
`-+- policy='round-robin 0' prio=1 status=active
  |- 19:0:0:3 sde 8:64  active ready  running
  `- 18:0:0:3 sdj 8:144 active ready  running