Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第15章 systemd ターゲットでの作業

systemd のターゲットは、システムの開始時の同期ポイントとして機能します。.target ファイル拡張子で終わるターゲットユニットファイルは、systemd ターゲットを表します。ターゲットユニットの目的は、依存関係のチェーンでさまざまな systemd ユニットをグループ化することです。

以下の例を参照してください。

  • グラフィカルセッションを開始するための graphical.target unit は、GNOME Display Manager (gdm.service)または Accounts Service (accounts-daemon.service)などのシステムサービスを開始し、multi-user.target unit もアクティブにします。
  • 同様に、multi-user.target ユニットは、NetworkManager (NetworkManager.service)、D-Bus (dbus.service) といった、その他の必須システムサービスを開始し、basic.target という別のターゲットユニットをアクティブにします。

systemd ターゲットの使用中に、デフォルトのターゲットの表示、変更、または現在のターゲットの変更を行うことができます。

15.1. デフォルトターゲットの表示

systemctl コマンドを使用してデフォルトのターゲットを表示するか、デフォルトのターゲットユニットを表す /etc/systemd/system/default.target ファイルを調べます。

手順

  • デフォルトでどのターゲットユニットが使用されるかを判断するには、次のコマンドを実行します。

    $ systemctl get-default
    graphical.target
  • シンボリックリンクを使用してデフォルトのターゲットを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $  ls -l /usr/lib/systemd/system/default.target