Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

30.2. chronyc を使用した chronyd の制御

本セクションでは、chronyc コマンドラインユーティリティーを使用して chronyd を制御する方法を説明します。

手順

  1. 対話モードでコマンドラインユーティリティー chronyc を使用して、chronyd のローカルインスタンスを変更するには、root で以下のコマンドを実行します。

    # chronyc

    制限されているコマンドを使用する場合は、rootchronyc を実行する必要があります。

    以下のように、chronyc コマンドプロンプトが表示されます。

    chronyc>
  2. コマンドの一覧を表示するには、help と入力します。
  3. 以下のように、コマンドと合わせて呼び出した場合には、非対話的なコマンドモードでユーティリティーを呼び出すこともできます。

    chronyc command
注記

chronyc を使用して変更した内容は永続的ではなく、chronyd を再起動すると元に戻ります。永続的に変更する場合は、/etc/chrony.conf を変更してください。