Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

26.2. ユーザーのファイル作成モードマスク

ユーザーファイル作成モードマスク (umask) は、新規作成ファイルおよびディレクトリーにファイル権限を設定する方法を制御する変数です。umask は、基本パーミッション値からパーミッションを自動的に削除し、linux システム全体のセキュリティーを強化します。umask は、シンボリック 値または 8 進数 の値で表すことができます。

パーミッション

シンボリック値

8 進数値

読み取り、書き込み、実行

rwx

0

読み取りおよび書き込み

rw-

1

読み取りおよび実行

r-x

2

読み取り

r--

3

書き込みおよび実行

-wx

4

書き込み

-w-

5

実行

--x

6

権限なし

---

7

標準ユーザーのデフォルトの umask0002 です。root ユーザーのデフォルトの umask0022 です。

umask の最初の数字は、特別なパーミッション (スティッキービット) を表します。umask の最後の 3 桁はユーザーの所有者 (u)、グループの所有者 (g) およびその他 (o) からそれぞれ削除したパーミッションを表します。

例26.3 ファイルの作成時に umask を適用

以下の例では、umask の 8 進数値 0137 が基本パーミッション 777 に適用され、デフォルトパーミッション 640 のファイルが作成されます。

ユーザーグループ umask の例